学校案内
SCHOOL information

教育方針

・日本語の四技能をバランス良く身につけ、日本語コミュニーケーションを理解して、国際人として行動できる人材を育成する。
・国際社会を築く人材の育成人と人とが尊重し合える社会を創り、日本語を必要とする人のために、日本語教育の提供と支援をする。

教育目標

・日本語及び日本文化の教育を通し、日本と海外諸国の懸け橋となる人材を育成するよい人間関係を作れること。
・新時代を迎えつつある日本語教育の現状に着目して、多様化する学習者のニーズにマッチした実用日本語を教授する。
・大学・専門学校を中心とした、日本の高等教育機関への進学希望者に対して修学に必要な日本語技能を教授する。
・国際社会でグローバルに活躍する、真の国際人としてのコミュニケーション能力を育成する。
・変化に柔軟に対応し、果敢にチャレンジする、バラエティに富んだ人材を育成する。

理事長挨拶

理事長 東京教育文化学院では、日本の医療の技術や福祉分野の教育を学びたいと希望している留学生が医療法人の運営経験上、多数いることを認識しています。多くの人の役に立ち、助けになる医療関係の職業教育も、海外に出ることにより視野や知識の分野も広がります。しかし、留学生が専門的な勉強をするためには、正確な日本語を身につけ、日本文化や社会習慣、日本人のものの考え方を理解する必要があります。そこで、私たちは日本語や日本文化への理解を深めてもらう場として東京都清瀬市に東京教育文化学院を開学いたしました。日本での進学を目指す皆さんによりよい学習環境を提供していきたいと願っています。

校長挨拶

校長 東京教育文化学院は、日本語の修得を通して日本でのマナーの大切さや国際人として世界で活躍するそれぞれの夢を持つ皆さんのための学校です。異国交流を通じ留学生の自立を多角的にサポートし、経験豊かな教師陣が指導します。本校が位置する清瀬市は、東京都の西部に位置し、武蔵野の面影が残る教育と医療の町です。名称のとおり市内には清流が流れる美しい町です。池袋から電車で22分と都心からのアクセスもよく、病院や学校、そして自然に恵まれた暮らしやすい町で、学生の皆さんにとって最適な環境です。日本の文化、伝統、歴史への理解を深め、日本でのマナー、価値観や常識を学ぶ学習環境といえます。言葉の境を越え、皆さんの将来を見据えた社会的自立に向けた最初のステップとなり、グローバルに活躍される人材に育ってくださることを願っています。