コース
course

番号 出願書類 詳細 枚数
1 パスポート 記載のある全てのページ【写し】
※未取得者は、必ず出願に先立って取得すること。
1
2 身分証明書 身分証【写し】 1
3 入学願書(履歴書、留学理由等) 本校指定様式(本人記入)
(1) 学校名、会社名、住所等は省略せず正確に記入
(2) 満年齢、電話番号には地域番号、携帯電話所有者は携帯電話番号を記入
(3) 本国における住所は必ず公正書上の住所と一致すること
※戸籍所在地と異なる住所に居住している場合、現住所欄に現住所を記入。
(4) 留学理由は、日本語学習の目的と必要性、進路を明確かつ具体的に記入
1
4 証明写真
(縦 4cm×横 3cm)
直近3ヶ月以内に撮影した背景のない正面脱帽写真
(裏面に名前、国籍、生年月日を記載し、うち 1 枚を入学願書に貼付すること)
8
5 最終学歴
卒業証明書
最終学歴の卒業証書又は卒業証明書(卒業見込証明書を含む)【原本】 1
6 最終学歴
成績証明書
最終学歴の成績証明書 1
7 学歴認証
証明書
(該当者のみ)
下記のうち提出可能なすべての書類【原本】
※認証書は直接本校に届くように申請すること。
中国国籍:中国高等教育学生信息網(CHSI)認証発行(http://www.chsi.com.cn/)

(1) 《中国中等教育学歴認証報告書》(高校レベル)
(2) 《中国高等教育学歴認証報告書》(大学(大専)、大学院レベル)
(3) 《普通高等学校学生募集全国統一試験成績認証報告書》(高考成績)
(4) 《中国高等教育学生成績認証報告書》(大学(大専)、大学院レベル)

ベトナム国籍:ベトナム日本教育交流センター:VJEEC(Vietnam-Japan Education & Exchange Center:)
の HP(http://vjeec.vn/portal/)から申請

(1) 学歴認証書
(2) 大学入学統一試験の成績等の認証書
各1
8 日本語学習証明書 次の 1 の各項目のうち提出可能なすべての書類に併せて 2 も提出【原本】
1. 日本語能力試験 N5 相当以上の能力を立証する各種試験結果
(1) 日本語能力試験N5(旧4級)以上の合格証書又は成績証明書
(2) J-Test E・F 級以上の認定書
(3) 日本語 NAT-Test4級以上の合格証書又は成績証明書
(4) その他日本語能力を証明できる試験の結果
※受験予定者は受験票を提出【写し】
※合格証書の原本は入国管理局の審査が終わり次第返却します。

2. 日本語学習証明書
150 時間以上の日本語学習歴を証明する書類(日本語教育機関が発行した学習時間、週の時間割、授業数、使用教材、出席率の記載がある証明書)
中国国籍:授業時間数は、必ず「小?」で表記すること。
中国国籍:授業時間数は、必ず「小?」で表記すること。
1
9 在職証明書 有職者のみ【原本】
(勤務先名、住所、電話番号、代表者名、職務内容、在職期間、発行者の役職・氏名が明記されたもの)
ベトナム国籍:必ず経営登録番号及び納税コードが記載されたものを提出
1
10 個人情報保護の確認書 本校指定様式(本人記入) 1
1 経費支弁書
経費支弁者が海外に在住する場合
本校指定様式(経費支弁者が母国語で記入し署名する) 1
2 誓約書 本校指定様式(経費支弁者が母国語で記入し署名する) 1
3 預金残高証明書 学費と生活費に相当する金額の残高証明書又はこれに代わるもの【原本】
中国国籍:定期預金証明書:「存款証明」又は「存款単」【原本】
1
4 収入証明書及び納税証明書 過去3年分の収入証明書及び納税証明書【原本】
※勤務先が発行する場合:勤務先の名称、住所、電話番号、発行者の役職・氏名が明記されたもの
※収入証明書は納税金額が明記されたもの
ベトナム国籍:・個人経営者:経費支弁者が作成した資料に人民委員会の認証があるもの及び納税証明書(納税コード及び納税事実が明らかになる資料)を提出
1
5 預金通帳 過去3年分の全ページ【写し、輪郭を含む】
ネパール国籍:銀行の取引明細書を提出(資金形成過程立証資料)
1
6 在職証明書 下記 1~3 のうち該当する1部を提出
(1) 企業等に勤務する場合は在職証明書【原本】
(勤務先の住所、電話番号、代表者名、職務内容、在職期間、発行者の役職・氏名が明記されたもの)
ベトナム国籍:必ず経営登録番号及び納税コードが記載されたものを提出
(2) 企業等の役員・代表者である場合は法人登記簿謄本【原本】
(3) 個人経営者である場合は営業許可書【写し】
1
7 出願者本人との関係を証明する書類 中国以外:戸籍謄本(家族全員分)またはこれに代わる証明書 中国国籍:家族全員の戸口簿【写し、輪郭を含む】及び親族関係証明公正書【原本】 各1
1 経費支弁書
経費支弁者が日本国内に在住する場合
本校指定様式(経費支弁者が日本語で記入し署名・捺印する) 1
2 誓約書 本校指定様式(経費支弁者が日本語で記入し署名・捺印する) 1
3 預金残高 学費と生活費に相当する金額の残高証明書又はこれに代わるもの【原本】 1
4 課税・納税証明書 過去3年分の課税・納税証明書【原本】 1
5 在職証明書 下記 1~3 のうち該当する 1 部を提出
(1) 企業等に勤務する場合は在職証明書【原本】
(勤務先の名称、住所、電話番号、代表者名、職務内容、在職期間、発行者の役職・氏名が明記されたもの)
(2) 企業等の役員・代表者である場合は法人登記簿謄本【原本】
(登記簿現在事項全部証明書又はこれに代わるもの)
(3) 個人経営者である場合は営業許可書【写し】
1
6 住民票 同一世帯全員が記載されたもの【原本】 1
7 出願者本人との関係を証明する書類 中国以外:戸籍謄本(家族全員分)またはこれに代わる証明書
中国国籍:家族全員の戸口簿【写し、輪郭を含む】及び親族関係証明公正書【原本】
各1
8 印鑑証明書 印鑑証明書【原本】 1
レベル 学習目標・主な使用教材
   初級  日本語の基本的な語彙・文法・表現を使って、自分の伝えたいことが日本語で表現できるようになる。少し長めの文章を聞き取り、読み取ることかができるようになる。

主な使用教材:みんなの日本語 初級Ⅰ・Ⅱ
   中級  場面に応じて、日本語を適切に使い分けられるようになる。話し言葉・書き言葉の違いを理解し、少し固い文体の文章の読み取り、産出ができる。

主な使用教材:中級へ行こう
 中級Ⅰ より複雑な文法、表現を習得し、細かいことまで自分の言いたいことが表現できるようになる。スムーズにやりとりできるよう、 コミュニケーション力を養う。

主な使用教材:中級から学ぶ日本語
 中級Ⅱ 抽象度の高い語彙、漢字語、N2レベルの文法を習得し、長い文章が理解・産出できるようになる。構成のしっかりしたまとまった文章が書けるようになる。

※日本語能力試験N2取得をめざす。
主な使用教材:中級から学ぶ日本語、学ぼう!にほんご
 上級Ⅰ N1レベルの語彙、文法を習得し、抽象的、社会的な内容のかたい文章が理解できるようになる。論理的な文章の書き方を身につけ、書けるようになる。

主な使用教材テーマ別 :上級で学ぶ日本語
 上級Ⅱ 日本語の語彙・文法の持つ微妙なニュアンスを使い分け、自分の言いたいことが細かい部分まで表現できる。新聞や小説など生の文章が理解できるようになる。大学・専門学校等の進学先で必要とされる日本語のスキルを身につける。

主な使用教材テーマ別 :上級で学ぶ日本語他、生教材

進路指導
Career guidance

日本語指導
   ・ 専門(学校)用語
   ・ ビジネス日本語
進路指導
   ・ 履歴種の書き方
   ・ ビジネスマナー講座
   ・ 筆記、面接試験対策
進学
   ・ 大学院
   ・ 大学
   ・ 専門学校
進路指導